ワイヤークラフト

こんにちは^^  Maison de Mです。

府大イベントにたくさんの方がお越しいただき、

またワイヤークラフトに興味を持ってくださる方がいらしたようで、

私もとても嬉しく、改めて感謝感謝の気持ちです(*^^*)

今はイベントが終わったばかりで、少しばかり充電期間を持ちながらも、

ワイヤーを始めたきっかけをお話しようかな~と思います^^


charla*muchachaのメンバーさんたちとは、幼稚園のママ友として知り合いました。

子どもが通っていた幼稚園には、手芸好きなママさんが多く、

通っていた当時、ビーズ手芸がすごく人気だったのですが、

そのなかでワイヤーを使って簡単なフックを作ったりできるよ~というのを知り、

まったく初めてながらも作り方の本を見ながら、ペンチの握り方から教えてもらったのがはじまりでした^^

幼稚園にはバザーを行なう行事があり、その際にママさんたちが作ったものがたくさん並ぶのですが、

ビーズクラフトが並ぶなか、作り始めたワイヤークラフトも並べて頂き、

気にいって買ってくださったかたの姿に、一塩感動したのを今でも覚えています。


そんな瞬間から、ワイヤーへの思いがさらに強くなり、はじめは本をみながらいろんなものを作り、

今は「自分が作りたいもの、自分がお家に飾りたいもの」などと、オリジナルの道へと歩いてます。


ワイヤーを作るとき、デザインを考えたり、絵を描いてみたりからはじめ、

そこから採寸、色はどうしようか?などと考え、ようやく作る「形」の制作へ動きます。


ワイヤーは自由自在に、自分の思いのままに形を変えられるもの。。。

その感覚が作品作りの一番の楽しさだと思います。


先日作ったワイヤーフェンスも、

我家の玄関のお風呂窓枠に取り付けた、フレンチワイヤードアフェンスからヒントを得て作ったもの(^^♪



f0237399_21325337.jpg


うちは古ーい団地で、なぜか玄関に大きなお風呂窓があるのです(笑)

そこにサイズをあわせたワイヤーフェンスを作りはめ込みました。

イベントで作ったワイヤーフェンスは横幅40センチ強なものですが、

玄関に取り付けたものはその倍のサイズ80センチで、結構大きなものです。

さすがに作るのは大変でしたが、少しでも古団地をパリのアパルトマンに近づけたくて頑張りました^^


でもまだまだ私も発展途上者。



今月中旬に、憧れのワイヤー作家さんのワイヤー展が神戸であり、

たくさん刺激とパワー、オーラをいただきながら、いろんなことを勉強させていただこうと楽しみにしています。


では長々となりましたが、今日はこの辺で(^^)/


Maison de Mでしたー。




 
[PR]

by charla-muchacha | 2010-06-06 21:45  

<< one day shopにむけて わんちゃんグッズ 作成中! >>